FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お疲れ様です。

COMIC1に来てくださった方ありがとうございました。
今更。
本の感想とか聞けてうれしかったです。


…………ねー。
とりあえず書くネタが無かったので放置してしまっていたわけですが、今も特にネタはありません。

終了。



しかたないので、最近あったことを追記に書く。駄文。
・魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」を全部読みました。いわゆる長編SSですね。
設定を生かした上で、しっかりと世界の流れをシミュレーションしていて説得力があり面白かったです。また興味深かったです。
ほぼアドリブで書いていた文章らしいのでだれているところも多く、キャラクターももう少し減らすべきだったと思います。
しかし、ストーリーのまとめ方が素晴らしく、群像劇としてもよくできていて良かったです。
特に章毎もそうですが、作品全体としてしっかりまとめたのはすごいと思います。終わり方が好きです。


・金剛番長が雑誌で連載終了したらしい。
ウソだと言ってくれーーーー!!!
すごい好きだったのに。卑怯番長とか最高じゃん。
思うに、連載終了の原因は主人公のせいだと思う。
なんでもかんでも力技で解決してしまう主人公が中心なので、卑怯番長はとてもキャラが立ったけど、怪力、念仏、蠍とかも結局主人公と同じ根性力技で戦うことになってしまい、コロシアム的なバトル展開になったとき、とても面白く無くなった。
しかし、主人公がどんな困難でも「知ったことかーーー!」と、力技で解決してきたのが最高に面白かったわけで、僕にはどうこの問題を解決すれば良かったのかわかりません。

やるとしたら島に乗り込むときに、金剛番長だけ別行動で、文学番長までは仲間達が闘えばよかったんじゃないかと思います。で、一人一芸の超能力バトル方向にシフトしていき、最後の最終兵器が出てきたところで、修行して強くなった金剛が闘うとか。


・話題の「ハーバード白熱教室」を見てて思ったこと。
アメリカ人は、自分が潔白であろうとする意思が強すぎると思う。
これは教育が原因なんだと思う。日本人が卑屈すぎるのと同じように、その国の歴史が原因の教育方針。
こう考えると、どこかで見た、韓国人の親が子供に一番大事だと思うこと、みたいなもので一番だったのが自尊心だったのも教育が原因だと思う。
これら、国の抱える歴史が元となった教育方針を見ると、アメリカが戦争→戦争映画→戦争の無限ループをしているくせに自分達が悪だと思い至らないこととか、何かと話題の韓国の文化窃盗やらは、そうなってしかるべき、納得できる流れの内なのだと思う。

つまり、国を語る上で、その国で行われる教育方針は外せない。
……と思った。

イギリス人が移民したいって思う人が多いのと、イギリスでは警察の信用が低いことの関連とか。


・塩パスタじゃ味気ないと思って、生卵加えたらまずかった。


・金剛番長は終わったけど、ウルジャンでファンタジー系の連載してくれたら最高だよね。ユンボルも合わせればウルジャンの面白さが最高に近づくよね。
期待。


・荒木せんせいのアレの外国語版を買ってしまった。文字読めないのに、漫画は面白くてくやしい。

コメントの投稿

非公開コメント

ツイッター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
及川徹先生のツイッター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。