FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四月が新年

(冬が)あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

そんなわけで、新年は1月じゃなくて、季節の変化がある4月であるという自分ルール発動です。

去年の四月に立てた目標、
・初めから無理とわかる目標でも、間に合う気持ちでぎりぎりまでがんばる。
・これはダメだろと気が付いたらさっさと見切りをつける決断力を身につける。

は、7割くらいは出来るようになったと思います。
今振り返ると、この二つの目標はなかなか自分の現状に合った良い目標だったと思います。
これからも役に立つであろうと思われます。


今年の目標はー……

技術的なことを抜かして考えれば、う~ん……

・自分自信に対する理解度を上げる
・はっきりとした目指す形を想像する力を向上させて、実現への道をしっかり見定める

ってとこですかね。上のは、自分が何者かっていう奴で、自分がどういう人間かについて、もっと理解を深めて、なんというか、ぶれない軸が欲しい。偏差値55くらいの理解はできてると思ってるけど、70は欲しい。
下のは絵についてもですが、頭の中にしっかり完成形ができているときは大抵うまくいくので、そういう能力が欲しい。模索していくんじゃなくて、理想に向って近づけていく感じで努力を重ねたい。



○近況

去年から続いていた山場がなんとか乗り切れました。わーい。

そんなわけで、二日くらい、二度寝したり、人とコミュニケーション取る体力無いので缶ビール飲んだり、俺TUEEEE!したかったのでネット対戦でニュー使ったりして、ダメ人間Daysを満喫しました。

そして、comic1☆4に受かったので、原稿を開始します。
配置は の38a です。普通に島中。
確か化物語で申し込んだけど、とりあえずToLOVEる。時間が合ったら化けで。

ToLOVEるはつい先日単行本最終巻が出ましたしね。
別に連載が終わってからも続けたっていいんだろうけど、なんか終わったーって気分になってしまっているので、今回のでToLOVEる同人はラストかなーと思ってます。

そんなわけで、連載が終わり、観測者のいなくなった世界でリトがハーレム作る漫画を描こうと思います。



あと、夏コミも申し込みしました。
ツン研と、あと同人ゲームの方も!

そう、同人ゲーム。
現在絶賛停滞中です。
実はこのブログでサイト公開した時期から怪しい雰囲気がありました、それを見越して大手サイトさんに相互リンク頼むのを控えていたりしたら、やはり的中。
自分自身には未来予知能力があると疑わない、どうもMen'sです。

自分ひとりで努力したところで完成するものではないので、他のメンバー次第にはなりますが、なんとか沢山の人にプレイしてもらいたいと思ってはいます。

何より、自分一押しの、普段書く機会は全く無いけど、じつは一番大好きな、外人金髪おとなの女属性のキャラをまだキャラ紹介すらできていないのが心残りです。
いやー実際のテキストでどうなるかは僕の領分じゃないのでわからないですが、自分の脳内ではもう最高のキャラなんだけどなー。もったいない。



○書きたかったこと。

原稿をやっていると、左脳が割りと暇なので、いろいろブログに書きたいことが浮かびますが、厳選して一つ。

・マクロスFを面白くする方法。

結論:できればシェリルとデートする回までに、船団の中を歩き回ることでアルトが、
「空から見ていたら気が付かなかったけど、こうして空を見上げてみて、この空の下沢山の人が一生懸命生きているんだって気が付いた。この船団で死んだ人はその体を分解されてまたここに帰ってくる。そうだ、この船団はこれだけで一つの命なんだ。俺が手に入れた闘う力を、この命を守る為に使いたい」

と、戦士としての決意を持つシーンを入れる。


説明:
マクロスFの面白く無さの原因が主人公にあることは周知の事実ですが、なぜそうなのか、アルトを現代日本人に例えてみました。
アルトは日本人。彼は銃を撃ちたいと日々思っていましたが、日本では銃を撃つことはできません。かといって、銃を撃てるほかの国に移住するって発想もありません。
そんな彼は事件に巻き込まれた流れで、自衛隊に入れることになりました。銃を撃ちたい彼は、自衛隊員が止めるにも関わらず、入隊します。
そんなとき、他国が宣戦布告してきて、憲法も改正されて、自衛軍として闘うことになりました。元々闘いたいと思っていたので、彼は特に動揺しませんが、周りは大混乱です。
彼は闘う才能があったので、戦果を上げていき、戦闘こそが彼の自己実現の場になります。
そうこうしていたら、戦いが終わりました。FIN。

プロットの面白く無さと主人公のクズっぷりが伝わったと思います。

そこで、結論の通り、主人公の闘う目的をしっかり定めるべきだと思いました。
敵の性質上、専守防衛になるので、守りたい形で。自分の故郷を守りたいってキモチは誰でも理解できるので良いと思います。
また、こうすることで、戦闘の度に破壊される船団に自分の身が切り裂かれるかのような危機感もありますし、同じ目的の仲間が傷つくのも悲しいです。

また、アルトが決意を表明するところにシェリルがいて、それを聞いていたとしたら、その後のシェリルのビッチすれすれなアプローチも、その行動理由が、アイドルにありがちな自然に接してくれたからではなく、好きになりそうな男の子だからになり、三角関係にも説得力がでます。

以上のことより、結論の案が最適だと思います。


まとめ:
まあ、僕の考えるベストエンドは、アルトが自由に空を飛べない生活に嫌気が差して、どこか開拓中の星に移住して、そこで開拓の仕事に従事しながらも、休日にはフライトを楽しむアルトくんがいいと思うんすよ。
アルト「え?今一番好きなアイドル?ランカちゃんかな。同僚のゼントラーディ達がロリコン揃いでめっちゃ進めてくるんすよ。ははははは」

みたいな。

コメントの投稿

非公開コメント

comic1☆4、「To LOVEる -とらぶる-」本ですって…!一般参加で行きますので、ものすごく楽しみにしております。

「To LOVEる -とらぶる-」単行本も完結しましたね。
最後までえっちい素晴らしい作品でした。私はまだ同人誌描きたいですので、完成しましたら持っていきます。
今後ともよろしくお願いしますね。

同人誌、期待に沿えるようがんばります。
(若干期待の斜め上かもですが…)

ツイッター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
及川徹先生のツイッター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。