FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷりきゅあはーときゃっちゅ

それにしても、新しいプリキュアが面白かった。

でら。
でら面白かった。

正直、最近のプリキュア主人公達の放つ、リア充オーラが不快で、最近のはさっぱり見ていなかったんですが。
今回のは分かりやすいくらいのありがち主人公でとてもいい。
「夢を見つけるのが私の目標!」とか、実際の中学生なら一晩寝たら忘れてそうなことを目標にしちゃう主人公とは訳がちがう。

というか、女の子の憧れの姿だからっていくらなんでもあいつらリア充すぎると思うんすよ。思うよね?

それにキャラがあまりひねりを加えないで、しかしそのキャラを出すための演出を超精錬させたことにより、とても面白くなっていた。
結局全キャラクターがテンション高くて、そのおかげで生き生きとしているのがとてもよかったのだと思う。
デフォルメを超強くしたのもその効果を高くしていて、青い子なんかはもう、次にどんな表情を見せるのだろうかとわくわくさせられるほどだった。

話の構成自体もほぼひねっていない感じで、キャラを表現するのに徹した感じ?たぶん前述のような良い点が表現できてなかったとしたら、ただの凡作になっていたであろう程に、ひねりの無い構成。
しかし、今までのプリキュア第一話にありがちな、何かが起きそうな不思議な空気感、みたいな、見てる側としてはわかりにくいだけで、別にドキドキしたりはしねえよってとこも全面カットで、テンション維持してんのが良かった。

あと、教室で自己紹介してから家に帰るまでの流れなんかは、何度も何度も推敲したんだろうなと思わせるような無駄のない、しかしキャラクター紹介も設定もしっかりやっていて、最高に上手かった。あれは神認定せざるを得ない。

モノローグの入れかたなんかも超うまい。無駄がなくて的確。


そんなわけで、今年Men'sがお勧めする超大作ハートキャッチプリキュア。ぜひ皆さん映画館でご覧ください。


それにしてもやっぱり女の子キャラは男の匂いがしないのが大事だよねーほんと、彼氏いるとかなんだよそれ、リア充○ね!

あーやっぱりハートキャッチプリキュア最高!

………と思ったら、次回予告にコードギアスで見たことあるようなイケメンが。


ざわっ…手のひら返しの………予感………っ



本題。抱き枕のあれ。

パクッて来たサンプル画像とリンク乗っけときます。
他の作家さんの絵を見ると、分不相応な仕事だったのがよくわかります。
そんなほかの作家さんの絵はリンク先で!(という謎の引き)

D0015341.jpg

とらのあな
メッセサンオー
ホワイトキャンパス
同人堂
てくの屋
D-STAGE
まち☆キャラ
追記で消失映画の感想。
あまりこの感想を見るヒトがいないように工夫。

長すぎた。

体感では6時間ぐらい映画見せられた感じ。超重労働だった。

思うに、前半が長すぎた。
キョンが不思議な事件にあうってのは、アニメから入った人にとっては当たり前のことで、正直不思議な世界に来てうろたえるキョンを超演出過多で表現されてもしらけるだけだった。
自分で長いプロローグだったって言うシーンがあるけど、起承転結で言ったら、先の通りキョンが不思議な事件に直面するのは話の大前提なわけだから、別世界に来て、自分がどうすればいいのかが分かるまでが起。
ハルヒらに再会する、元に戻るための行動が承。

って流れになるわけで、起にちからを入れすぎて、いつまでも始まらない事件にうんざりした。

そのせいで長ったらしく感じた。
ぶっちゃけ飽きた。帰りたかった。

しかし、長門はかわいかった。
思うにこの映画は、長門に好感を持って、登場人物の葛藤をしっかり描けば成功なのだから、成功なんだと思う。
事件の流れとかは、まゆげのシーンくらいしか面白いところなかったけど、心情表現にアニメ的演出を強力に導入していて、良かった。
また、心情表現に尺使いまくっていたので、しっかり感動できるつくりになっていたと思う。


ただ、やっぱり2時間以上も映画でやるようなプロットじゃなかったと思う。
キョンの一人語りをもっとカットしまくって、長門の描写のみ全部残すくらいに極端に強弱つけてせめて120分にしてほしかった。
後半感動すべきシーンではもう疲れ果ててて、見ていられなかったので。

コメントの投稿

非公開コメント

いやいやご謙遜を…
すごい出来栄えですよ!
友達にも勧めておきます。
これくらいの大きさの胸が好きです。

素直にうれしいです。
あざーす!
ツイッター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
及川徹先生のツイッター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。